エアアジアの機内食のおすすめと機内への食べ物持ち込みについて

旅の知恵袋

エアアジアの特徴は機内食や荷物、座席指定、荷物などは、「欲しい人は追加してね」というスタイル。そのぶん航空券が激安となる格安航空会社です。

 

機内食については事前予約できるものの種類が多く、なかには日本人にはなじみがないお料理名の機内食があるので、一体なにを選んだらよいか迷うことも。

 

また、機内に食べ物を持ち込んで食事やおやつ代わりにすることはできるのか?も機内食を買わなければならないLCCでは気になるところ。

 

今回は羽田空港からマレーシア・クアラルンプールへの移動にエアアジアを利用したので、私たちがオーダーした機内食と、「食べ物・飲み物を機内に持ち込んでいいのか?」についてお伝えします。

 

エアアジアの機内食等の追加オプションの申し込み方法についてはこちらの記事をご参照ください。

【エアアジア予約】機内食や荷物、座席指定の料金や無料手荷物の大きさ等まとめておく
普段はANA贔屓なのですが、マレーシア旅行の計画が持ち上がった際にクアラルンプールまでならお得なLCCで飛べばいいか、とエアアジアを予約しました。 深夜便だから機内食もいらないし、暑い国なら夏服だけ持っていけばいいので預け入れ...
スポンサーリンク

エアアジアの機内食、どれがおすすめ?

クアラルンプールから羽田へ戻る帰りの便で機内食を事前予約しました。予約をしなくても当日、機内で食事を買うこともできますが、事前予約は飲み物が無料でついてくるのでお得。

 

以下に紹介する機内食は事前予約ですべて500円です。飲み物はコーヒーかお水を選ぶことができます。

チキンラザニア

結論から言えば、日本人で乳製品にアレルギーがなければ、チキンラザニアが一番無難でしょう。

 

「すっごいおすすめ!」というわけではないのですが、あつあつで安心できる味です。「ラザニア」ときいて、大多数の人が想像する見た目と味なので、冒険したくない方はこちらを選んでおきましょう。

豆腐&ライスピラフ

ベジタリアン用の機内食です。

食材は豆腐、ご飯、カリフラワーなので、機内食は軽めにすませたい方にはいいかもしれませんが、匂いがなんというか、、、東南アジアの食材を売っている店内の調味料の棚の前の匂いとでもいいましょうか、、、

 

つまり、日本じゃあまりかぐことがないなーという香りがふたをあけたとたん漂います。

鮭の照り焼きそぼろの三色丼

日本人の乗客のための機内食なんだろうなーと思ったので、とりあえず注文してみた一品。

 

わがままを言うわけじゃないのですが、魚の香りが妙に主張してきます。私は港町の生まれなので平気ですが、苦手な方はダメかも。

カップラーメン

8~10リンギット(約218円~272円)で事前予約無しでフライト中に買うことができるカップラーメン。もちろんお湯も値段に含まれています。

 

涼しい機内の中であったかいものを食べるのもなかなかおすすめ。でも、売っているカップラーメンは日本で売っているものではないので、食べてみないとその味がわからない。

 

トムヤンクン味のカップ麺は不思議な味でした。

エアアジアの機内で注文できる機内食・飲み物

事前予約をしていなくても、「やっぱりご飯食べたいなー」と思ったら、機内で注文できます。

 

羽田⇔クアラルンプールのフライトで、機内で注文できる機内食、飲み物メニューはこちら。

機内で注文できる機内食・飲み物のメニュー

 

そのほかの路線の機内食メニューはこちら⇒エアアジア・機内食

エアアジアの機内食のタイミング

ここでは私が利用した羽田⇔クアラルンプール線での機内食が提供されるタイミングをお伝えします。

機内食の時間は2回

  • 離陸後、安定飛行に入った後(気流の状態にもよりますが、だいたい離陸後1時間~2時間後)
  • 着陸2時間前

※事前予約の機内食が最初に配られ、その後、食べ物・飲み物の販売となります。

 

1回目の機内食のタイミングでおなかが空いていなければ、「後で食べます」と伝えれば2回目のタイミングで予約した食事を運んできてくれます。

 

ふくちゃん
ふくちゃん

ちなみに、私は1回目のタイミングで事前予約していた「飲み物だけ」をもらい、2回目に「機内食」をもらいました。飲み物、食べ物を別々の時間に受け取ることも問題ないようですね。

エアアジア・機内への食べ物/飲み物の持込みについて

エアアジアの公式では、「機内への飲食物の持ち込みはダメ」ということいなっています。

 

そりゃ、そうですよね、機内で食べ物・飲み物を売っているのですから。

 

しかし、現実は私を含め、周りのお客さんも出国後に買った飲み物や水飲み場からペットボトルにくんだ水を持ち込んでいましたし、食べ物に関しては、柿の種、甘納豆、おせんべい、チョコレートなどをバッグにしのばせて、機内でも食べました。

 

飛行機に乗り込む前に「食べ物持ってるか?」と荷物をチェックされることもなく、お菓子を食べている時も注意されることはありませんでした。

 

そこまで厳しくないんだなーという印象を受けましたが、飲食物を持ち込むときは自己責任でお願いします。

関連リンク

●エアアジアの予約はこちらから ⇒エアアジアLCC格安航空券予約

 

●現地の宿泊先も必要な方はExpedia経由の予約でホテルが大幅割引されます⇒【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

 

●現地ツアーは日本で予約しておこう!2大モスクを制覇!クアラルンプールで一番人気な現地ツアー予約はタビナカ

>>【世界遺産ブルーモスク&ピンクモスク】イスラム建築の魅力に感動必至!二大モスクを一気にまわるツアー!《ホテル送迎・ランチ・クルージング付き》

 

●女性は気になるフライトの間はメイクする?それともすっぴん?を解決する便利グッズ。

>>海外旅行の飛行機ではすっぴん?メイクしたまま? 化粧落としのタイミングと便利アイテム