バリ島旅行キャンセル続出!? 未婚カップルが同室に泊まれないって本当?

バリ島

9月の終わりころ「バリ島旅行のキャンセルが続出」というニュースがオーストラリアで報道されました。(私、オーストラリア在住です)

 

その理由が「バリ島は未婚カップルがホテルの同室に泊まったら罪に問われる」から、というもの。

 

参照記事>>Bali bonking ban panic: Australians CANCEL their holidays to the resort island because they fear being arrested over new laws outlawing sex before marriage

 

インドネシアのイスラム教のルール(未婚カップルの婚前交渉&同棲禁止)が外国人にも適用され、日本人も含む外国人観光客の未婚カップルが「同室に泊まると逮捕される」という衝撃的なニュースです。

 

え?( ゚Д゚)

と思ったので、バリ島の新しいルールになるかもしれない「結婚前の男女は同室に宿泊できない」について調べてみました。

 

結論からいえば現状では何ら問題はありません。バリ島旅行はキャンセルしなくても大丈夫ですよ。

バリ島の新ルール?「未婚カップルは同室に泊まれない」ってどういうこと?

バリ島のあるインドネシアは異なる宗教が混在しており、

  • バリ島の宗教は「バリヒンズー」
  • インドネシアの国教は「イスラム教」

 

イスラム教は独自のルールがありまして、男女間の関係については日本人の私達からしてみるとかなり厳しめなんです。

 

そんな宗教的な背景を受けて、2019年9月に「未婚カップルの性行為や同棲に対し罰則」という法案が上がりました。(次の章で説明しますが「可決」はされていません)

 

「バリ島を訪れる未婚カップルは同室に泊まれないのでは?」「禁固刑を受けてしまうのでは?」とSNSで憶測がすすみ、オーストラリアではバリ島旅行をキャンセルするカップルが続出した、というわけです。

日本人を含む外国人観光客は心配する必要はほぼない!

インドネシアの刑法が法会議で通過するまでに少なくとも2年はかかります。現状ではまったく心配する必要がない、と言えるでしょう。

 

また、この法案が通過したとしても、地元住民には影響はありますが観光客が告発されることはまずありません。

 

その理由は2つ

  • 告発できるのは「警察関係者」もしくは当事者の親や子ども
  • バリ島のホテルにチェックインする際に「婚姻証明書」の提出義務が規定されていない

 

※インドネシアの一部の地域では「シャリアホテル」というイスラム教のルールにのっとったホテルは婚姻証明書の提出が必要ですが、バリ島には存在しません。

 

ホテルの予約サイトにも「カップルは婚姻証明書の提出が必要」といった記載は一切ありませんし、安心してバリ島旅行にお出かけくださいね。

 

ふくちゃん
ふくちゃん

ちなみに前回のバリ島旅行で宿泊したホテルはこちら。サヌールに滞在する方におすすめですよ。

>>バリ島サヌールのホテル オアシスラグーン

バリ島の「未婚カップル同室宿泊禁止」のSNSの反応

ツイッター上ではインドネシアの刑法の変更をうけて、その内容に騒然としていましたが日本人には影響はなさそうなのでご安心ください。

 

まとめ

インドネシアの刑法の変更をうけ、オーストラリアではバリ島旅行のキャンセル続出のニュースが報道され、日本のSNSも騒然としましたが現状では大丈夫。

 

そもそも同性婚や事実婚のカップルは証明書の提出も難しいですし、観光業が主要産業のバリ島では「未婚カップル同室禁止」は非現実的な法案です。

 

心配なさらずに2人で楽しいバリ島旅行を楽しんでくださいね。

 

 

ふくちゃん
ふくちゃん

2人だけの特別なバリ島旅行を計画されたい方は「旅さがし」で複数社の旅行会社にプランニング&お見積りを依頼してみましょう!

 

バリ島の現地ツアーなら【タビナカ】で決まり!

「一生に一度の旅をしよう」のコンセプトで厳選した現地ツアーを提供しているタビナカ。

全ての現地ツアーは日本語ガイドの案内で初めてバリに訪れる方でも安心して楽しめます。

バリ島旅行の思い出に残る現地ツアーはタビナカにお任せ!

バリ島
うろちょろ東南アジア