ペナン島 周一族の橋 Chew Jetty 桟橋に暮らす水上集落を見学

マレーシア

ペナン島には桟橋に広がる水上集落に住む中華系の一族がいます。

 

19世紀に中国からペナン島へと渡ってきた中国系移民が桟橋で暮らし始め、「周一族の橋」「陳一族の橋」「李一族の橋」として、同族が集まり暮らしています。

 

観光客の見学を積極的に受け入れているのは「周一族の橋」(Chew Jetty、チュウジェッティ)

 

ペナン街中の観光スポット(主にウォールアート)を巡るトライショーに乗って、チュージェッティも見学したので、その様子をご紹介します。

 

【関連記事】街全体が世界遺産!トライショーで巡るジョージタウンの壁画アート

スポンサーリンク

周さん一族が暮らすChew Jetty(チュージェッティ)

ペナン島の玄関口でもあるフェリー乗り場の近くにチュージェッティは位置しています。楽しげなウォールアートがお出迎えしてくれました。

 

チュージェッティの中に足を踏み入れると、そこには民家とともにたくさんのお店が軒を連ねています。

 

75軒ほどの民家とお土産、ジュース、アイスクリーム、ヌードルを売るお店があります。水上にこれほど民家やお店が存在しているのは不思議な感じ。

 

お店屋さんの通りをまっすぐ行くと、海が広がります。ここで暮らす人々の生活が垣間見れるのどかな雰囲気。

 

写真の中にゴミ箱や普段使っているであろうバイクが映り込んでも、それはそれで絵になります。

スポンサーリンク

チュージェッティ(周一族の橋)にもおなじみのウォールアートが!

ペナンにはたくさんのウォールアートが点在することで有名ですが、チュージェッティでもかわいらしい壁画を見かけました。

 

ペナン島のウォールアート、ストリートアートは不思議と街になじんでいるんですよね。チュージェッティも例外ではありません。決して広いとは言えない桟橋内でいくつかみかけました。

スポンサーリンク

チュージェッティ(周一族の橋)に宿泊できる!マイ・チュージェッティ・バケーションホーム

                                   (引用:My Chew Jetty Vacation Home)

街全体が世界遺産に指定されているペナン島の水上集落に宿泊できたら素敵ですよね。それを叶えてくれるのがマイ・チュージェッティ・バケーションホーム

 

ホテルというより民宿、ホームステイのような感覚で、そこに住む周さん一家と共同生活です。テラスで海から昇る日の出や夜景を見たり、1日のんびりと過ごすには最適な場所です。

 

ホテル予約サイトからのクチコミを抜粋しますと、、、、

“貴重な体験の出来る、ホスピタリティあふれる宿”

優しいスタッフ、Jettyに近く交通至便、フードコートや食堂が近い、伝統的建造物に泊まれる。

宿に着くとまず最初にスタッフから、「自分の家のように過ごして欲しい」旨が伝えられます。宿にある共有物は全て自由に使ってよく、台所、冷蔵庫、食器、テレビ、ドライヤー、シャンプー、飲み物、軽食など、一般家庭にあるものは大体揃っています。

自分の家とまでは言えずとも、親戚の家に来たぐらいの気分で気楽に泊まれます。 観光地の一つである水上家屋群の中にあり、近所には食堂も多く、またJettyからも近いので立地は抜群です。

スタッフはフレンドリーで、荷物預かりやその他何でも相談に乗ってもらえます。英語も流暢です。Wifi良好、部屋も清潔。 ゲストハウスに免疫のある方には快適だと思います。旅のスパイスとしておすすめの宿です。
   (引用:My Chew Jetty Vacation Home)

 

”最高!”
いい感じの距離感で 接してくれるファミリーと きれいすぎる景色と 海を見ながらの贅沢な時間と どんな高級ホテルよりも 豊かな気持ちにぬりました。また絶対利用します!

 (引用:My Chew Jetty Vacation Home)

時間に余裕がある旅であれば、一日中、海の上でぼーっと過ごすのも良さそう。 次回はぜひ泊まってみたい宿泊先です。

 

マイ・チュージェッティ・バケーションホームの詳細はこちら⇒My Chew Jetty Vacation Home

スポンサーリンク

チュージェッティ(周一族の橋)を訪れる際の注意点

私たちにとってチュージェッティは観光として訪れる場所ですが、周さん一族にとっては日常生活の場です。民家には「NO Photo」と写真お断りの注意書きをはってある家もあります。

 

「写真お断り」と書いてなくても、彼らが暮らす民家にカメラを向けることはマナー違反。

 

これほど生活感あふれる世界遺産はないんじゃないか?というくらい、そこに住む人々は普通に生活しているのです。

スポンサーリンク

周一族の橋(チュージェッティ)への行き方

①トライショー(人力車)

私たちはトライショーに乗ってペナンの街中にある有名スポットを周りながらついでにチュージェッティまで行ってもらいました。

 

チュージェッティはトライショーのルートから近く、また見学だけであればそれほど時間もかからない(15分ほど)ので、快く引き受けてくださいましたよ。

 

お土産の買い物や食事、お茶をチュージェッティでされたい方は別の移動手段を使った方が現地でのんびりできるかと思います。(トライショーは1時間半という時間制限があります)

②タクシー、UBER

ペナンではトライショーのほか、タクシー、ウーバーも簡単につかまえることができます。

UBERの方があらかじめだいたいの値段がわかっているし、交渉の必要もないので観光客には簡単ですね。

UBERのアプリのダウンロード、利用方法についてはこちらをご参照ください⇒UBER公式サイト(日本語)

③現地オプショナルツアーに参加

日本語ガイド付きで効率よく観光地を周りたい方はオプショナルツアーに参加する方法が便利です。自分たちで目的地まで行くより割高になりますが、交通機関のことや時間配分などを気にしなくてもいいのは楽ちんです。

 

マレーシアのオプショナルツアーは最低価格を保障しているVELTRAがおすすめ。クチコミも多く投稿されていますので参考にされてください。

゜:*★マレーシアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

④日本からパッケージツアーに参加

HISやJALパック、JTBといった大手旅行会社で日本から航空券、ホテル、現地ツアーが含まれたパッケージツアーに参加することにより、チュージェッティのほか、観光地を周ることができます。

 

忙しい方や海外旅行初心者の方はホテルや航空券の手配を旅行代理店に任せてしまえば簡単ですし、緊急時も日本語で対応してもらうことができるので安心ですね。

スポンサーリンク

周一族の橋 チュージェッテイ(Chew Jetty)詳細

住所 59A, Chew Jetty, Weld Quay 10300 George Town Penang,
 見学時間  9:00~21:00
料金 無料(入口に募金箱があるので心付け程度の金額を寄付されるとよいかと思います)

★そのほかの観光スポットはトリップアドバイザーもご参照ください。クチコミの数が多く旅の計画に役立つ情報が満載です。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】