マレーシア土産【カヤジャム】ハマる美味しさ「カヤトースト」の朝ごはん

マレーシア

マレーシア滞在中に出会ってしまった「カヤジャム」について紹介します。

 

マレーシア・シンガポールの朝ごはんの定番「カヤトースト」にドはまりしました。

 

自分用のお土産としてカヤジャムを購入し、ココナッツの優しい甘さがクセになるカヤジャムをたっぷり塗ったカヤトーストを自宅でも楽しんできます。

 

カヤジャムはマレーシア旅行のお土産におすすめ!と言いたいところですが、カヤジャムは瓶なのでけっこう重いんです。なので「ばらまき土産」には向いていません。

 

自宅での朝ごはん用としてぜひマレーシア旅行の際に手に入れてくださいね。

マレーシア・シンガポール名物「カヤジャム」とは

カヤジャムは、ココナッツミルクと、カモの卵、または、ニワトリの卵のいずれかの卵とを使って作られる。ただし、より甘くするために、砂糖が加えられることもある。

(引用:カヤジャムーWikipedia

 

我が家に常備しているカヤジャムの原材料を見てみると、

  • ココナッツ
  • たまご
  • 砂糖
  • タピオカ粉

が主な原材料でした。保存料無し・開封後は冷蔵庫で保存・1か月以内に消費してください、とのこと。

 

カヤジャムの見た目は茶色のものと緑のものがあります。

 

緑色のカヤジャムは「パンダンリーフ」(南国でよく使われる甘い香りのハーブの一種)が含まれています。着色料ではなく自然の色ですよ。

パンダンリーフ入りの緑色のカヤジャム

 

パンダンリーフが含まれていないカヤジャムは茶色い見た目になります。どちらも美味しいのですが、我が家はパンダンリーフ入りカヤジャムを常備しています。

朝ごはんにぴったり!やみつきになるカヤトースト

カヤトーストは食パンをトーストとしてカヤジャム塗るだけ。バターを塗ると、しょっぱさと甘さのコラボがたまらないおいしさ!

 

甘さはしいて例えるならしつこくないカスタードクリームのような味です。

 

ココナッツの優しい甘さがコーヒーによく合います。

 

我が家のマレーシア風の朝ごはんセット。パン、カヤジャム、オールドタウンホワイトコーヒー。

 

カヤジャムと食パンがあれば、大満足の朝ごはん・おやつタイムになります。

 

ふくちゃん
ふくちゃん

マレーシア名物「オールドタウンホワイトコーヒー」の詳細はこちら!

Check! マレーシアのばらまき土産におすすめ!オールドタウンホワイトコーヒーの個包装

【SNSでの評判】みんな大好きカヤトースト

ふくちゃん
ふくちゃん

カヤトーストのおいしさをツイートしてる投稿がたくさんありました!

 

 

カヤジャムは日本でも通販で購入できます

カヤジャムはマレーシアのスーパーマーケットだったらどこでも手に入ります。

 

スーツケースの重量制限や瓶詰のカヤジャムが割れてしまうかも、と不安になる方は日本の通販で購入することも可能です。

 

ちょっと試してみたいな、って方もアマゾンで購入できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。本当、おいしいですから。

 

 

またちょっとした手土産でカヤジャムを大切な人に渡したい場合は、少々お値段は割高になりますが、シンガポールの超名門ホテル「ラッフルズホテル」の高級カヤジャムはいかがでしょうか。

 

 

これ、もらったら超うれしいと思います。

 

JTB世界のお土産ショッピングサイトへ>>【ラッフルズホテル】カヤジャム

まとめ:マレーシア土産、自分用でカヤジャムは手に入れておこう!

カヤジャムのデメリットは「瓶詰だから重い」「瓶詰だから割れるかも」

 

でも、カヤジャムのおいしさはそんなデメリットをものともしない魅力があるんです。

 

マレーシアを旅立つ日も空港のオールドタウンカフェで最後の最後までカヤトーストを食べてました。

 

カヤジャム未体験の方は、カヤトーストの幸せな朝ごはんをぜひお試しくださいね。