機内持ち込みの化粧品の注意点 ファンデーションやグロスは液体扱い?

旅の知恵袋

国際線では液体物はすべて100ml以下の容器に入れて20cmx20cmの透明のジップロックに入れて保安検査場で提示しなければなりません。

 

そこで女性が気になるのはお化粧品。特にファンデーションです。

 

ファンデーションはリキッドファンデ、ジェルファンデ、クッションファンデ、スティックファンデ、クリームファンデだったり「これって液体?」と曖昧なものがありますよね。

 

この記事ではどのファンデーションが液体扱いなのか?という疑問と、機内に持ち込み用のおすすめファンデーションについてお伝えします。

機内持ち込みできるファンデーションは?

機内持ち込みできるファンデーションは「容器が100ml以下」のものです。

中身は少ないから容器が100ml以上でも大丈夫、というのは間違いなので気を付けてくださいね。

リキッドファンデーションは「液体」必ずジップロックへ

リキッドファンデーションやクリーム状のファンデーションは液体です。100ml以下の容器に入っているものであれば、透明のジップロックに入れて機内に持ち込むことができます。

 

容器が100mlを超えるのもは機内に持ち込みNGなので預け入れ荷物に入れておきましょう。

 

リキッドアイライナーやマスカラ、リップグロスも液体扱いとなります。

クッションファンデーション・固形のスティックファンデーションは微妙なライン

クッションファンデーションやスティックファンデーションは見た目は固形ですが、肌に馴染ませると液体になる、という液体なのかどうか?がかなり微妙なところ。

 

空港や航空会社も明確なガイドラインを出していないので、保安検査場の検査官に判断が一任されているのかな、と思います。

 

念のために液体としてジップロックの中に入れておくと安心です。

パウダーファンデーションがおすすめ

パウダーファンデーションだったら液体ではないので、ジップロックに入れずに普通に荷物としてバッグにいれておくことができます。

 

ジップロックの容量も制限があり、化粧品の他、歯磨き粉や保存液が入ったコンタクトレンズ、基礎化粧品なども入れることを考えるとあまりスペースがありません。

 

そこで私は飛行機に乗る時も現地到着後もミネラルファンデーションを使用しています。

 

こちらの記事(海外旅行の飛行機ではすっぴん?メイクしたまま? 化粧落としのタイミングと便利アイテム)でも詳しく紹介していますが、おすすめはエトヴォスのミネラルファンデ。

 

  • 付けたまま寝ても大丈夫なのでロングフライトの時の薄化粧にちょうどいい
  • クレンジングがいらないくらい肌に優しいのにカバー力がある
  • UV対策もできるので日焼け止めクリームがいらない
  • スターターキットには機内持ち込みにちょうどいいスキンケアセットもついてくる

 

という理由で海外旅行に行く方にはエトヴォスってちょうどいいんです。

 

スターターキットには機内持ち込みサイズのスキンケアセットとヘアケアのお試しセットもおまけでついてくるのでそのまま海外旅行に持っていけますよ。

 

新感覚のミネラルファンデのお試しセットをチェック!

ETOVOS公式サイトへ

 

機内持ち込みのための便利グッズ

機内持ち込みの液体を入れるジップロックはこのサイズがぴったり。100円ショップにも繰り返し使える機内持ち込み用の透明の袋が売ってますよ。

 

機内に基礎化粧品を持ち込みたい場合は、お試しセット・スターターキットを利用するのが便利です。あなたの肌質にぴったりのものを選んでみてくださいね。

国際線の機内持ち込みOKのお得な基礎化粧品お試しセットまとめ
海外旅行で利用する国際線の機内持ち込みには厳しいルールが設けられています。 化粧品や歯磨き粉、コンタクトレンズの保存液など「液体」は100ミリリットル以下の容器に入れて、透明の袋に入れないと機内に持ち込むことができません。 ...

 

▼あわせて読みたい関連記事▼

>>海外旅行と生理がかぶった時の豆知識 飛行機での注意点や必要な持ち物は?

>>海外旅行の機内の服装【女性向け】長時間の飛行機の中でもおしゃれ&快適に

>>ノートパソコン用リュックは機内持ち込みサブバッグとしてもおすすめ!