大人な女性は一人旅が必要でしょ?! 非日常を味わえる海外でパワーチャージ

一人旅




日常生活の雑事から離れ、非日常的な空間で何にもしない贅沢な時間は心も体もリフレッシュできる一人旅は、毎日を多忙に過ごす大人の女性におすすめ。

 

現実から徹底的にエスケープするのであれば、国内でなく海外。

 

見たこともない景色、普段食べない異国の食べ物、そこに流れる空気や音、すべてが新鮮で、それでいて癒される、そんな女性の一人旅。

 

仕事の合間をぬって、ふらっと出かける一人旅が癖になったのは30代半ば。「人生を豊かにする」そんなふわふわした言葉が現実的なものとして、心にぐっと刻まれる時間は必要不可欠となりました。

 

今回は、初めての一人旅を計画する方におすすめの行き先、一人時間の過ごし方、注意点などをお伝えしたいと思います。



一人時間は最高の贅沢、いられりつくせりを楽しめる東南アジアのビーチリゾート5選

サヌール(インドネシア・バリ島)

バリ島にはいくつかのビーチリゾートがありますが、その中でもサヌールビーチはゆったりとした時間が流れています。

 

他のビーチと比べると賑やかさ、華やかさに欠ける印象があります。若い人たちは物足りないと感じる場所かもしれません。

 

そんなサヌールを大人女子に勧めたい理由は、言葉では上手く説明できない独特の空気感。

 

サヌールビーチは朝日がとんでもなく綺麗で、朝、早起きして日の出を見るところから1日がスタート。海に反射する幻想的な太陽を見て、すがすがしい気分でホテルに戻り朝ごはん。

 

それから、スパに行くも良し、プールサイドで読書するもよし、眠くなったらお昼寝も良し、、、、「何にもしない、何にも考えない」が実現できる雰囲気の街です。

 

メインストリートにカフェやレストラン、スパなどがありますが、一歩裏道に入ると、そこにはローカルの方たちの生活が垣間見える風景が。

 

子どもたちが遊んでいたり、大人たちが屋台を引いていたりと、リゾートと日常生活が織りなすごちゃまぜな感じがなんとも居心地が良いのです。

 

サヌールビーチは他のビーチのようにしつこい物売りやビーチボーイズたちも少ないので、女性一人でも安心・安全なリゾート地と言えるでしょう。

 

本当の「いたりつくせり」とは「干渉されないこと」と考える方におすすめの行先です。

 

【関連記事】【バリ島・サヌール】女性の一人旅におすすめ! 朝日が美しい海辺の街

スミニャック(インドネシア・バリ島)

バリ島の流行発信地といわれるスミニャック。美しいビーチ沿いにはおしゃれなカフェやバー、そしてサーフィンレッスンの教室、メインストリートには流行のブティック、レストラン、雑貨屋などが軒を連ねます。

 

スパを併設しているホテルでのんびり「おこもり」の日、ビーチやショッピングでアクティブに動き回る日、どちらも楽しめる滞在先です。

 

お手頃価格のヴィラが多いので、自分だけの静かな空間を確保し、お気に入りのルームウエアで心ゆくまで一人時間を堪能してください。

 

またスパも安価なローカルスパから自分へのご褒美にぴったりなちょっと贅沢なスパまで予算にあったスパ、選択肢が豊富なのもスミニャックの特徴。日本では難しい、毎日エステ三昧、マッサージ三昧も楽しめます。

ダナン(ベトナム)

ベトナム中部、港町として栄えたダナンの街は2014年に成田から直行便が就航されてから、その人気は急上昇。

 

フランス領だった面影を色濃く残す街並み、東南アジアならではの活気のある雰囲気が絶妙にマッチしたビーチリゾートです。

 

ダナンには美しいビーチが点在しており、滞在客しか利用できないプライベートビーチを所有しているホテルに滞在すれば、目の前に広がる海、白い砂、青い空は自分だけのもの?!とテンションが上がってしまうこと間違いなし。

 

プライベートビーチがなくても、デッキチェアやパラソルなどをレンタルできるので、思い思いの方法でビーチでの時間を過ごしてください。

 

ビーチやホテルステイの満喫だけがダナンの魅力ではありません。ダナン近辺には世界中の旅人を魅了してやまない、ホイアンフエという街があります。

 

ホイアンはダナンから車で1時間弱。16世紀、世界貿易で栄えた当時の歴史的建造物が軒を連ねるノスタルジックな雰囲気が人気の観光スポットです。

 

夜になると街のあちこちに灯されたランタンとレトロな街並みがどこか懐かしいホイアンの街。一人プラプラするにはうってつけの場所です。

 

フエはベトナムの京都的存在。ベトナムの最後の王朝があった場所で街中にはたくさんの世界遺産に指定されたお寺や建造物などがあります。

 

ダナンを訪れたら、ホイアン、フエ観光もぜひプランに組み込んで、ベトナムの歴史的な街の散策も満喫してくださいね。

 

ペナン島(マレーシア)

マレーシア有数のビーチの街ペナンは別名「東洋の真珠」

 

日本からの直行便はないので、クアラルンプールで乗り換えをして1時間のフライトでペナン島に到着します。近年では老後の移住先として人気急上昇のマレーシアの島です。

 

ペナン島での楽しみ方はビーチはもちろん世界遺産に指定されたジョージタウンの街並み、多文化国家ならではの様々なグルメ、独特な雰囲気を醸し出す寺院やモスクでしょう。

 

高級リゾートホテルに泊まらなくても、街中の安いホテルに泊まっても充実した旅の時間を過ごせる街です。

 

まず特筆すべきは、その食文化です。マレーシアはマレー系、華僑系(中華系)、インド系の異なる民族が共存している多国籍国家。各民族のおいしいごはんが屋台で気軽に試せるので、食べ歩きに最高の街です。

 

個人的にはマレーシアは旅行中の食生活で一番満足した国で、朝から晩まで食べまくっていました。

 

食べることでストレスが解消できるタイプの方にはペナン島はビーチとグルメが同時に楽しめるので全力でおすすめできる街です。

 

ペナン島では英語を話し、温厚な人々が多いので、地元民との交流も楽しめる旅となるでしょう。

セントーサ島(シンガポール)

島全体がテーマパークのセントーサ島には島内にビーチ、水族館、カジノ、マーライオン、そしてユニバーサル・スタジオ・シンガポールがあり、朝から晩まで海に囲まれた島で遊ぶことができます。

 

カップルや家族連れが多いので、一人で行くには少々気合が必要ですが、セントーサ島にあるシソロビーチでの豊富なマリンアクティビティは大きな魅力。

 

島内の中心から近く、ショッピングや他のアクティビティのついでにお気軽にバカンスを体験できます。

 

あまり時間がないので、いろいろなことを1日で済ませたい、という方にはコンパクトにまとまったセントーサ島がおすすめ。

 

欠点としては、ビーチに貨物船が多く停泊していて、リゾートの景色としては、「ちょっと違うかな」と感じてしまったことでしょうか。

 

人気のセントーサ島ですが、ビーチは比較的すいているので、売店で飲み物を買ってのんびりできる場所です。

スパのあとはお姫様気分を味わえるバラ風呂へ。フラワーバスが有名なスパをチェック

女性の一人旅では欠かせないスパでエステ、マッサージを受けた後は、お姫様気分になれるフラワーバスで極楽気分。

 

のんびりと海や山を眺めながら、おいしいトロピカルジュースを飲んで、バラ風呂に浸かっていると、心の奥底にこびりついたネガティブな感情やストレスがとろとろと溶け出していく幸せな感覚に包まれます。

 

フラワーバスの本場、インドネシア・バリ島からとびきり贅沢な気分になれるフラワーバスが含まれたメニューを提供しているスパをご紹介します。

ジ・アムルタ

          (引用:http://www.amerta-spa.com/

空港近く、ヌサドゥアの小高い丘に佇む「ジ・アムルタ」は海に面してトリートメントルームがあるので、施術後のフラワーバスの浴槽からもキラキラと輝くバリ島の海が見渡せます。

 

アムルタはクリームバス(ヘッドマッサージ)の専門店でもあるので、普段デスクワークで酷使している頭、首、肩が疲れている方はぜひお試しください。自然から生まれたたっぷりのトリートメントで頭をマッサージしてもらうと、気分まで軽くなります。

 

スタッフは日本語を話すので、海外旅行初心者の方でも安心です。

Web:http://www.amerta-spa.com/ (日本語)

スパ・アット・マヤ

                    (引用:http://spaatmaya.com/ubud/gallery

バリ島・ウブドのリゾートホテル「マヤ・ウブド」に併設されたラグジャリーなスパ。渓谷に囲まれた光の差し込むスペースでのフラワーバスは至福の時です。

 

ホテル併設のスパはお値段が張りますが、まさに「自分へのご褒美」という言葉がしっくりくるスパです。

 

受付の時に、簡単なカウンセリングがあります。トリートメントで使用するスクラブやオイルなどを体調に応じて選べますので、オーダーメイドのスパトリートメントが受けられます。

 

Web:http://www.spaatmaya.com/

フランジパニ・エステティックス

    (引用:http://frangipanibalispa.com/)

バリ島ならではのバリハーブをふんだんに使用したトリートメントが特徴のフランジパニ・エステティクス。何年も前から「バリ島で一番予約が取りづらい」と言われているスパです。

 

インドネシアに伝わるジャムウという伝統医療を駆使し、自然治癒力を高めるトリートメントを得意としています。

 

フラワーバスはジャグジーで優しく泡をたてたお風呂に花でお客さんの名前やメッセージを作ってくれるので、記念撮影を忘れずに。

 

Web:http://frangipanibalispa.com/ (日本語)

テタスパ・バイ・ザ・シー

                (引用:http://www.thetaspa.com/jp.php#

人気のクタビーチ近くのテタスパ・バイ・ザ・シーは海を眺めながらトリートメントが受けられます。

 

こちらのスパのハニー&ミルクフラワーバスはお肌をしっとり柔らかくするミルクとハニーが加わるのでさらにエステ効果が倍増。大人が4,5人入っても余裕なほど大きなバスタブに浮かんだ真っ赤なバラの花が非日常感を演出します。

 

ビーチフロントのフレンチレストラン「マジョリレストラン」のランチやディナーが含まれたパッケージコースも人気。スパトリートメントが終わったあとに海沿いで絶品フレンチが味わえます。

 

Web:http://www.thetaspa.com/jp.php(日本語)

ディシニ・スパ

           (引用:http://www.disinivillas.com/japan/spa.php

人気のビーチリゾート地、スミニャックのディシニ・スパはセラピストは全員、フランスの化粧品ブランド「デクレオール」のトレーニングを修了という実力派揃い。人気コースの「ボタニカル・ヘブン」のフラワーバスは100本もの薔薇が使用されます。

 

明るく開放的なプライベートヴィラで、薔薇の優しい香りに包まれながら至福の時を過ごせるおすすめスパです。

 

Web:http://www.disinivillas.com/japan/spa.php

 

スパの予約は日本で済ませてしまえば簡単!

予約と同時にクレジットーカードで支払も完了できる現地オプショナルツアーVELTRAをいつも利用しています。
゜:*★バリ島のオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

一人旅の楽しみ方は?現地で何をする?

初めての一人旅ですと、「現地で何をして過ごせばいいのだろう?」と心配になるかもしれませんね。

 

あまり予定を入れず、のんびり過ごすのが一番いいのですが、手持無沙汰になってしまうのもなんだか寂しい、、、そんな時にまずやってみてほしい5つのアクティビティを紹介します。

世界遺産を訪ねる

各国の世界遺産を訪ねることで、その国・地域の歴史や文化を知ることができます。

 

ガイドブックやインターネットで予習をしておくと、現地での感動はさらに大きなものとなるでしょう。世界遺産を自分の目で見て、知らなかったことを知るのは旅の醍醐味です。

何にもしない

現地での予定は何も立てず、その日の気分で動くのも一人旅ならではの良さ。

 

眠かったら寝てればいいし、一日中、ホテルのプールで本を読んでいてもいいんです。

 

海外旅行に来たからといって、あれもこれもと観光地を周り、結局くたびれてしまったら、一人旅の意味がありません。

 

いつもと違うところに身を置き、その土地の音や匂いを感じながら、現地の人々の人間観察で1日が終わったとしても、それはそれでいいんじゃないかと思います。

スパで贅沢マッサージ

日本では躊躇してしまう3時間以上の長時間のスパコースも、東南アジアだったらリーズナブルに受けることができます。

 

セラピストとのコミュニケーションが不安な方は日本語OKのスパを選ぶとよいでしょう。

 

観光客向けのスパですと、ホテル⇔スパの送迎がサービスに含まれていることがほとんどなので、移動の心配もありません。

食べ歩き

日本でも世界中の料理を楽しめますが、やはり現地で食べるローカルフードは格別。

 

その土地の空気を感じながら屋台で食べるB級グルメ巡りや、スイーツの食べ歩きをしてみましょう。

 

バリ島のナシゴレン、ミゴレン、マレーシアのラクサやカレーなど東南アジアには日本人の味覚に合うおいしいものがたくさんあります。

現地スーパーマーケット

現地に到着したら、まずスーパーマーケットに行ってみましょう。

 

日本にはない果物やお菓子、飲み物を見るのもおもしろいですし、日用品や化粧品などを試してみてら、意外と良いものが見つかるかもしれません。

 

私はバリ島の自然ハーブを使ったプチプラコスメにはまり、行くたびに大量購入するようになりました。

 

現地の物価を覚えるためにも、到着したら早い段階でスーパーマーケットに行って、お水やジュースなどを値段をチェックしておくいいですね。

女性の一人旅の注意点

女性の一人旅は危険なイメージがつきものです。安全は何をおいても優先的に考えるべきことであり、せっかくの一人旅が嫌な思い出とならないようにしたいですね。

 

以下の注意点をしっかりと守って、「またこの国に戻ってこよう」と旅の最後に思えるような素敵な一人旅の時間をお過ごしください。

派手な服装や露出は避ける

お金を持っていそう、と思われるブランド品の携行も避けた方が無難です。

 

「声をかけたらついてきそう」と相手に思われてしまいそうな服装もNGです。

 

日本と比べ保守的な文化の国もありますし、宗教施設は露出度が高い服装だと入れない国もあります。

 

「私、観光客です!」と自らアピールするのは危機管理がなっていません。旅先でおしゃれも大切ですが、現地の人たちに合わせた服装が一番安心と言えるでしょう。

貴重品の管理は念には念を

現金、クレジットカード、パスポートが盗難にあったり、落としたりしてしまったら旅は台無し。

 

貴重品はホテルの部屋にある金庫に預け、必要最低限の現金だけ持ち歩くようにしましょう。

 

私は近場のお出かけなら現金はポケットに入れて手ぶらで出かけます。ひったくりの被害やうっかり落としてしまう可能性が少なくなります。

地図は頭に叩き込む、きょろきょろしない

ホテル周辺のコンビニやスーパーマーケット、カフェなどの位置は地図を見なくても、まるで在住者のようにたどり着けるようにしておきましょう。

 

地図を外で広げてきょろきょろするといった観光客にありがちな行動は悪い人たちを引き寄せます。現地には良い人ばかりではありません。

 

あなたのお財布を狙っている人だっているんです。

日本語を話す現地人には注意

親しげに日本語で声をかけてくる現地人には、「何か裏がある」と疑ってかかってください。

 

通常、人々が働いている時間だったらなおさら。女性からお金を貢いでもらって生活している男性は珍しくないですし、それを職業としている人もいます。

 

せっかくの一人旅、くだらない男に時間を割く暇はありません。あなたがかわいいから声をかけてきているのではなく、目的はお金です。

 

旅のあいだは気分が開放的になって、思わず「この人、かっこいい」なんて思ってしまうかもしれませんが、冷静に考えてみてください。

 

昼間から仕事もしないで、女性をナンパするような男についていくほど馬鹿げた行為はありません。

 

【関連記事】【バリ島のジゴロ・ビーチボーイ問題】勘違い日本人女性にも問題あり?

安全はお金で買おう

滞在先のホテル選びは迷いますよね。宿泊料金もピンからキリまでありますし、ホテルの数も多いですしね。

 

そこで、最初の一人旅ではある程度セキュリティがしっかりしたホテルを選びましょう。入り口にドアマンがいて、ホテルに出入りする人をきちんとチェックしているところが安心です。

 

私たちは「一人の時間を楽しむ」という目的の旅なので、予算との兼ね合いも大切ですが、滞在先は自分の気分が良くなるホテルを選びたいですね。

 

ホテルはどの予約サイトが一番お得?を解決するトリバゴでお得に賢くホテル選びをしてくださいね。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

女性の一人旅はまず「安全第一」
危機管理を徹底することが大切です。

 

そして、綺麗なビーチでのまったりした時間、世界遺産に感動し、スパのフラワーバスで癒され、おいしいものをもりもり食べる、時には何にもしないでプールサイドのデッキチェアでぼーっと過ごすのもいいでしょう。

 

忙しすぎる毎日で忘れていた、「自分を甘やかす」ということが、今の働く女性には必要なのではないでしょうか。

 

「一人になりたいな」と思い始めたら、旅支度の合図。

 

自分へのご褒美はモノだけじゃないんです。

 

一人旅で得た経験や思い出はいつまでも心に残り、それが宝物のように思える、そんなご褒美がストレス社会で戦う女性の癒しとなるのだと思います。