バリ島タマンアユン寺院 世界遺産の恋愛・縁結びのパワースポット

バリ島

バリ島親子旅で訪れたタマンアユン寺院について紹介します。

 

バリ島で一番美しい寺院として有名な「タマンアユン寺院」は縁結びの神様が棲んでいるとされ、恋愛のパワースポットとしても人気の観光スポット。

 

2012年には世界遺産にも登録され、広々とした庭園の中に静かにたたずむメル(多重塔)の神秘的な雰囲気が特徴的な寺院です。

スポンサーリンク

2012年世界遺産に登録されたタマンアユン寺院の歴史

《Pura Taman Ayun》インドネシア南部、バリ島中南部の村ムングゥイにあるヒンズー教寺院。17世紀にムングウィ王朝の鎮護寺として建立。周囲を掘割に囲まれた美しい庭園をもち、10基の石塔(メル)がある。1937年に改修されて、現在の姿になった。同島六大寺院の一つに数えられる。(引用:タマンアユン寺院とはーコトバンク

 

タマンアユン寺院は1634年に建立されたと考えられています。19世紀後半にメングウィ王国は隣国との戦いに敗れ、タマンアユン寺院も同時期に荒廃していきましたが、1937年に改修されました。

スポンサーリンク

バリ島で一番美しいといわれているタマンアユン寺院

タマンアユン寺院の見どころは、本殿の奥にメル(多重塔)が並んでいる神秘的な光景。多重塔はバリ島の人々が「霊峰」と信じているアグン山を模している、とのことです。

 

 

本殿の中は観光客や異教徒は入れないので外を歩きます。本殿と遊歩道を遮る壁が低い(1メートルくらい?)なので、多重塔もばっちり写真に収めることができました。

 

 

タマンアユン寺院は綺麗に整備された庭園のような広々としたスペースが気持ちの良い寺院。ブサキ寺院に次いでバリ島で2番目に敷地面積が大きな寺院です。

 

 

お堀に囲まれたタマンアユン寺院は奥のほうまで歩いてみると、地元民の暮らしが垣間見える風景が川越しに広がります。

 

 

お祭り用のバロン(バリ島の獅子舞)が飾ってありました。タマンアユン寺院は地元の人々の憩いの場、宗教行事の場です。

 

バリ島の伝統舞踊「バロンダンス」を鑑賞しました。

【関連記事】バリ島の伝統舞踊バロンダンス鑑賞 ウブド観光の前におすすめ!

 

スポンサーリンク

タマンアユン寺院は恋愛・縁結びのパワースポット

島全体が「パワースポット」といわれるバリ島ですが、タマンアユン寺院は縁結び・恋愛のパワースポットとして知られています。

 

大切な人とのご縁を結んでくれるご利益があると地元の人々の信じられており、将来を真剣に考えるパートナーとお参りに訪れる場所だそう。

 

恋愛成就、恋人・夫婦間の絆を深めるというご利益があるタマンアユン寺院は日本人の女性たちに注目の縁結びのパワースポットです。

スポンサーリンク

タマンアユン寺院は生理中は参拝できない?

もちろんチェックがあるわけではありませんが、バリ島では生理中の女性は「穢れた状態」と考えられており、神聖な寺院には立ち入りNGなんです。

 

バリヒンズーでは「血はけがれたもの」とされている為、男女問わず「出血している状態で寺院に入れない」のでケガをして流血している人も寺院に入ることができません。

 

タマンアユン寺院だけでなく、バリ島の寺院に入る前にガイドさんから「生理中ですか?」と質問があるのはそのためです。

 

バレようはありませんが、バリヒンズーのルールを守らないと不幸が訪れる、と信仰の深いバリ人は信じているので、観光客である私たちもバリの人々の信念は尊重していきたいですね。

スポンサーリンク

タマンアユン寺院を参拝する際の服装は?

タマンアユン寺院だけでなくバリ島の寺院はバリヒンズー教の宗教施設となるので、過度な露出は厳禁です。

 

ショートパンツなどの短いボトムスでは拝観はできないので、チケット売り場でサロン(腰巻)を無料貸し出ししています。(画像左の腰に巻いた黄緑の布がサロンです)

 

寺院内を拝観する際はサロンは必ず巻いておく必要があります。

 

半袖に長ズボン、7分丈ズボンであれば問題ありません。

スポンサーリンク

タマンアユン寺院への行き方

タマンアユン寺院への行き方は、

  • カーチャーターを利用
  • 現地オプショナルツアーを利用

の2つの方法が便利です。(公共の交通機関ではタマンアユン寺院には行けません)

 

私たちはタマンアユン寺院とタナロット寺院、クタエリアでディナーというスケジュールでカーチャーターを利用しました。

 

カーチャーターの詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

バリ島観光にはカーチャーターが便利! 人気モデルコースも紹介
バリ島は公共の交通機関が観光客には使いにくいので、観光地を周るのはツアーに参加するか、カーチャーターを手配するか、の2つの移動手段があります。 あらかじめ決めたルートを周るオプショナルツアーより、自分たちで行きたい観光スポット...

 

現地オプショナルツアーは見どころを押さえた観光地効率よく周るコースがあらかじめ準備されているので、まずは基本的な観光スポットを周りたいという方におすすめです。

 

スポンサーリンク

タマンアユン寺院 基本情報

入場料:20000ルピア(約158円)

所要時間:30分ほど

参拝時間:9:00~18:00

住所:Jalan Ayodya No.10, Mengwi, Kabupaten Badung, Bali 8035

 

バリ島おすすめ関連記事

バリ島で一番のお気に入り! サヌールビーチのおすすめの過ごし方
バリ島にはたくさんの美しいビーチが点在していますが、一番のお気に入りはサヌールビーチ。バリ島を訪れる際はサヌールビーチの近くの宿泊先を選びます。 【関連記事】両親とバリ島旅行 サヌールのホテル【オアシスラグーン】宿泊レビュー ...
観光客でも気軽に行ける【ワルンマラン】の安くて美味しいバリ島ごはん 
バリ島のローカルワルン、少々ハードルが高いなぁと感じている方におすすめのワルン「ワルンマラン」を紹介します。 ワルンマランは中華系インドネシア料理の食堂で、味付けも日本人好み、メニューは見やすく店内も清潔、店員さんも陽気でフレ...
予約の前に知っておきたいバリ島のスパ・エステのメニュー・用語解説
バリ島はスパ・エステのクオリティーが高く、それなのに日本の数分の1で価格で至福の時間を過ごせるとあって、性別や年代を問わず絶大な人気を誇っています。 出発前に予約をしておきたいところですが、バリ島のスパはメニューの選択肢も多く...