ウブドからすぐ! バリ島ブラットワンギ・マサコ石鹸の工房に寄ってみた

バリ島

バリ島のココナッツ石鹸を世の中に知らしめたマサコさんが運営する石鹸工房へお邪魔しました。

 

ウブドやテガラランのライステラスといった観光地からほど近い場所なので、クオリティーの高いブラットワンギのココナッツ石鹸を購入したい方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

お土産や自分用としてもおすすめ!自然由来の原料で作られている肌に優しい石鹸なので敏感肌の方にもお使いいただけます。

スポンサーリンク

ブラットワンギのマサコ石鹸とは?

ブラットワンギは1994創業のバリ島ウブドのライスフィールドに建つ小さな石鹸工房です。少人数制の全工程手作業による昔ながらの製法で、ココナッツの実の果肉から摂ったココナッツオイルをベースに心を込めて作られています。

(ブラットワンギの工房のパンフレットより)

 

バリ島の高級ホテルではマサコ石鹸をアメニティとして採用ているところもあり、日本の通販でも人気のハンドメイドソープとなっています。

 

 

肌に優しく泡立ちも良く、香りも選べるので(無香料もあります)性別や年代を問わず支持されているマサコ石鹸。バリ島に遊びにきたら手に入れておきたいアイテムです。

スポンサーリンク

ブラットワンギの石鹸工房  マサコ石鹸の直場コーナー

 

 

こじんまりとしたブラットワンギの工房の2階に直売コーナーがあります。

 

 

地元の限られたスーパーマーケットでもマサコ石鹸は購入することができますが、こちらの直売の方が種類が豊富、とのことです。

 

 

ブラットワンギの石鹸のお値段は15000ルピア前後(約116円)のものが中心です。

 

 

カゴの箱に入った石鹸の詰め合わせはちょっとした贈り物にも。

 

 

直売コーナーには各石鹸の説明が書いたパンフレットがありますので、香りや効能で好みの石鹸を選ぶことができます。

 

画像がボケてしまっていますが、こんな感じで日本語で説明がありますので、直売コーナーでご確認ください。

 

また製作過程で切り落とされ商品にできない石鹸もお安く買えます。自宅用に1袋購入しました。

 

スポンサーリンク

ブラットワンギの工房は田んぼの真ん中  道中の景色にも癒される

 

 

車は工房の前まで行けないので、山のふもとで車を降りて徒歩で向かいます。階段が急ですし、田んぼ道を歩くので歩き慣れた靴でいらしてくださいね。(5分ほど歩きます)

 

 

田んぼとやしの木、という南国らしい景色が広がります。

 

 

田んぼの中にもバリヒンズーの祭壇が。宗教が生活に根付いているバリ島ならではの光景ですね。

スポンサーリンク

ブラットワンギ石鹸工房 詳細&行き方

住所:GeriyaAbian,Br.Ambengan,Peliatan,Ubud

営業時間:8:00~12:00 13:00~17:00

定休日:土曜日・日曜日

ブラットワンギ石鹸工房への行き方

公共の交通機関では行けない場所なので、カーチャーターを利用してください。

 

ウブド方面の観光やテガラランのライステラスとともに「ブラットワンギの石鹸工房立ち寄り」をスケジュールにいれるとちょうどいいです。

 

観光スケジュールはカーチャーターを手配する旅行会社も相談にのってくれますよ。

 

>>>バリ島観光にはカーチャーターが便利! 人気モデルコースも紹介

 

バリ島観光おすすめ関連記事

予約の前に知っておきたいバリ島のスパ・エステのメニュー・用語解説
バリ島はスパ・エステのクオリティーが高く、それなのに日本の数分の1で価格で至福の時間を過ごせるとあって、性別や年代を問わず絶大な人気を誇っています。 出発前に予約をしておきたいところですが、バリ島のスパはメニューの選択肢も多く...
バリ島のアシタバ工房を見学! カゴバッグやアタ雑貨ファンは行く価値あり
バリ島のお土産の定番・アタ製品、特に女性には夏のファッションアイテムには欠かせないアタで作られたカゴバッグが爆発的な人気です。 (※アタ製品の材料の「アタ」とはインドネシアのシダ科の植物、アタで作られた製品は100年も...
母と参加! 福インダの【バリ島の民族衣装で記念撮影】体験レポート
「バリ島の民族衣装で記念撮影」というアクティビティに母と参加してきました。 きらびやかなバリ島の民族衣装を80種類以上も取り揃えているフォトスタジオ「福インダ」にお世話になったのですが、 無料送迎付き(※...